Creality Ender 5 S1 3Dプリンター レビュー

「2年ぶりだ、Ender 5 Proをアップグレードしよう!」 Creality の R&D 部門は次のように述べています。新しい Ender 5 Pro にアップグレードされた Ender 5 S1 は 11 月 3 日に発売され、Creality の公式ウェブサイトはこのニュースをほのめかし、「焼けるようなスピードを感じてください」というスローガンは、この新しいマシンが高速印刷を目的としていることを暗示しています。 いつものように、新しい Ender 5 S1 の最初のサンプルを入手し、リリース前にテストを行いました。 それがどのように機能し、購入するコスパがいかがでしょうかを知るために、私たちのレビューを見ていただき、それが期待に応えているかどうかを見てみましょう.

デザイン:

Ender 5 s1 のデザインは、Ender 5 proとEnder 5 plus に基づいており、Ender 5 plusの統合タッチスクリーンを加えただけでなく、後ろにProバージョンの Z 軸リニアシャフトもあります。正直なところ、私はスクリーンをプリンターのベースに置くデザインが好きではありません。理由はスクリーンに問題が発生すると、修理がより難しくなります。スクリーンを取り出すには底を取り外す必要があります。しかし、使用中に画面が壊れる確率はそれほど高くなく、以前の Ender 3 V2のスクリーンは2年間問題なく使用されていました。

私が気に入っているのは、新しい Ender 5 S1の方が視覚的にすっきりになされていることです。前に浮いているすべてのケーブルは、ナイロン材質のワイヤーハーネスのスリーブに包まれています。また、いくつかのデザインも気に入っています。例えば:Z 軸の後ろに配置された 2 つのプロファイルグリップ、下に配置された2つのカンチレバーです。安定性を高めるための印刷ベッドと、顧客がプリンターを簡単に移動できるように両側に取り付けられた2つのハンドル。 ただし、Creality はこのプリンターの安定性のために何かを犠牲にしたようです。Z軸の実際の印刷サイズが低下したため、Ender 5 S1の印刷サイズは 220*220*280 です。

外観デザインは別として、主な機能を見てみましょう。

特徴:

  1. 250mm/sの高速印刷

昨年から、Crealityは3D プリント速度が遅いという長年の問題を解決しようと試みてきましたが、Ender 7 は明らかに非常に失敗した試みであり、250mm/s でプリントできますが、プリント品質は満足できるものではありません。今回、Ender 5 S1は依然として250mm/sの高速印刷を目指しており、その結果はポジティブです。

Ender 5 S1のX/Y/Z 軸はそれぞれステッピングモーターで駆動され、スチール ドライブシャフトは2 つY 軸ベルトを同期させ、Y軸モーターは42~48トルクに達することができるため、この新しい3Dプリンターは 2000mmの加速度をサポートします。250mm/sの高速印刷を実現した。

 

 2.300℃印刷対応ダイレクト押出機「Sprite」

昨年のEnder 3 S1の開発が成功したことは間違いなく、同時に開発された「Sprite」エクストルーダーも高く評価されています。「Sprite」エクストルーダーは新しい外観のEnder 5 S1に適用され、オールメタルのデュアルギアで80N の押し出し力を達成でき、TPUなどの柔軟なフィラメントで良好な結果を出し、300℃まで印刷できます。ですので、ナイロンフィラメントも印刷できます。

Ender 3 Neoシリーズで使用されている波形ヒートシンクもホットエンドに追加され、大型の5015ファンにより、冷却システムは優れており、印刷はそれほどうるさくありません。堆積した高温の材料は、冷却システムを通過した直後に冷却されて硬化し、結合されるため、過熱によるたるみや反りが減少します。ドレープ、ブリッジ、全体的なディテールが向上する。

 

  1. 安定したキューブフレーム

Ender 5 S1は、クラッシックなデカルト構造を採用する。太いリニアシャフト、追加のガセット、2つカンチレバー、およびシリコンベッドマウントにより、キューブフレームの安定性が向上する。

 

  1. CRタッチオートレベリング

Ender 5 ProまたはEnder 5 Plusをお持ちの場合は、最初のアップグレードとしてCR Touchを検討する必要があると思う。自動レベリングと補助レベリング (Z 軸のオフセットを設定する必要がある) を使用すると、手間をかけずに完璧な最初のレイヤーを簡単に取得できる。

新しいEnder 5 S1はPCスプリングスチールシートを使用しており、つや消しの PC 表面はモデルへの粘着性が高く、モデルは少し曲げるだけですぐに取り外すことができる。しかし、より良い解決策はPEI板です。

 

  1. 直感的なタッチスクリーンUI

    4.3インチのタッチスクリーンは、広い視野角、速く反応、タブ付きのユーザーインターフェイスを備えており、9種類の言語 (中国語、英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、ポルトガル語、イタリア語、トルコ語) をサポートしています。また、温度PIDコントロールページも追加され、簡単に調整できます。

    1. 複数の印刷方法

    SDカードから直接印刷したり、Type-CケーブルでPCに接続して印刷したり、Wifiボックスのクラウド印刷を使用したりできます。

    テスト:

    宇宙飛行士のモデルを印刷してみたが、最初の印刷は概ね満足のいくものでした。完璧ではありませんでしたが、ざらざらした部分を紙やすりで磨いてサポート部分をハサミで切り取った後、すべてがうまくいきた!

    結論:

    メリット:

    1. 優れた印刷品質
    2. 非常に静かで高速に印刷
    3. 良いレベリング

    ディメリット:

    1. セットアップは簡単ではありません。インストールに30分かかります。インストールビデオまたはインストール手順を参照することをお勧めします。
    2. プリントサイズは前世代ほど大きくはありませんが、個人や小規模ビジネスには十分です。

    評価:

    Ender 5 S1でPLAおよびTPUフィラメントをテストしましたが、ほとんどの結果は常に印象的でした。私たちのテストと印刷の経験に基づいて、この製品をお勧めするかどうか尋ねられたら、私の答えはYESです。Ender 5 S1とEnder 3 S1の間で、私の選択はEnder 5 s1です。キューブフレームはより安定しており、Ender 3 S1よりもはるかに高速に印刷でき、印刷品質は信頼できるもの。

    中小企業向けの新しい3dプリンターをお探しの場合は、Ender 5 S1が最適です。しかし、予算が少ない場合は、Ender 3 Max NeoまたはEnder 3 S1 Plusを考えることできます。全体として、Crealityにはさまざまなニーズと予算に合わせて多くの選択肢があります。

    コメントを残す

    ✨✨✨【送料無料+2年保証】

    すべてのご注文は送料無料で、更に関税フリーです!