Pergear 60mmF2.8 初期プロトタイプ(Xマウント)のレビュー

今日は富士フイルムXマウントのPergear60mmF2.8レンズについての感想をお伝えします。サンプルは4月にPergearから提供されたもので、初期のプロトタイプです。また、数か月前にそれを使って撮影し、見つかった欠陥についてフィードバックを提供する機会があったので、生産ラインのレンズサンプルで修正されることを願っています。完全なサンプルではありませんが、最初の印象を得るには十分だと思いますので、主に一般的な機械的および光学的性能に着目します。

まず第一に– Pergear 60mm F2.8レンズは一眼レフベースの光学設計を持っているように見えます、そのため、基本的に富士Xマウント用の内蔵アダプターである約1インチのマウントセクションがあります。後部を見ると、最後のレンズはマウント部分からかなり内側に配置されているため、このレンズは人気のあるデジタル一眼レフを含むさまざまなマウント用に製造できます。

2つ目の注目点はレンズサイズです。60mmレンズとしてはかなり大きく、重量もありますが、これはすべて2:1マクロに対応したことによるものです。無限遠に焦点を合わせたときにはコンパクトな光学式を持ち、フロントエレメントはかなり奥深くにあります。


1:1マクロ範囲に近づくと、前面の光学モジュール全体がレンズの前面に向かって移動します。

最後に、2:1のマクロ焦点距離では、光学モジュールはフィルタースレッド領域の近くまできます。

迷光をカットするために「フードプレート」がわずかに湾曲しているのが興味深いです。おそらく、OOF領域をより滑らかに見せるために長方形ではないのでしょう。でも、そのフロントプレートを使用するもう1つの重要な理由があります。それは、正面から見たときにフロントチャンバーの左上にある非常に長い絞りコントロールピンを隠すためです。

機械的性能の詳細について説明する前に、作例をいくつかご紹介します。

 

 

 

 Pergear 60mm F2.8は、大きくて広いフォーカスリングにより、非常にスムーズで正確なピント合わせが可能です。マクロやクローズアップでは素晴らしくピントが合いますが、遠距離ではピント合わせの角度がわずか数度しかなく、より多くの忍耐と正確なリングの動きが必要です。

絞りリングにはクリックレスです。これにより、レンズの製造コストを下げることができますが、多くの写真家はこれを好みません。私もクリックストップがある方が好ましいです。一方、リングの動きには重みがあり、選択した絞り値をしっかりキープします。フォーカスリングは遠くにあり、ファインダーを覗きながら絞りリングではなくフォーカスリングを掴むことに慣れるのには少し時間がかかります。これは絞りリングと質感が同じだからで、私の一番の不満です。絞りリングの上にダイアモンドテクスチャーのゴムリングを付ければ、手で認識しやすくなるかもしれません。

全体的な構造と言えば、Pergear 60mm F2.8マクロレンズは、重厚な装甲戦車のように総金属製で、分厚いフレームと可動部を持っています。この試作サンプルには、製品サンプルの写真にあるフロント部分の保護ガラスがなく、フロントのネームプレート部分を外して内部フィルター取り付けることができませんでしたが、フィルタースレッドがあるので、調整用の保護フィルターを簡単に取り付けることができます。

また、このプロトサンプルでは、FUJIFILM Xマウントの赤いマークが半径方向に約5mmほどわずかにズレていました。これは製品サンプルではすでに修正されていると思います。

ここで遠景写真を少しお見せしましょう。

 

 

さて、再びマクロ撮影に戻りましょう。この記事のすべての写真は手持ちで撮影しているので、若干のブレがあるかもしれません。2:1マクロでの撮影には、非常に明るい光、安定、そして速いシャッタースピードが必要であることを認めなければなりません。そのため、特に雨の日には、ISOを高くする必要がありました。多くの場合、全体を持ちつつレンズを支え、ターゲットの近くでフロンレンズバレルを固定する必要がありました。結果として精度と画質を向上させるには、マクロレールを備えた優れた三脚が必要でしょう。Pergear 60mm F2.8はフロントが重いので、X-Txシリーズのようにマグネシウム合金製の頑丈なFuji Xボディが必要です(X-T10 – X-T30は、精密なスーパーマクロの場合、このレンズをうまく支えられないかもしれません)。

 

 

 

私がとても気に入っているのは、OOF領域のレンダリングの仕方です。非常にきれいにボケていて、心地よくソフトで滑らかなディテールがあり、場面に3D感をもたらしています。

結論
Pergear 60mm F2.8 2:1マクロレンズは、非常に大きくて重いレンズで正しく撮影する方法を学べば、超マクロ撮影ができる非常に手頃な選択肢となるでしょう。市場にはもっと便利な、でもはるかに高価な代替品があります。個人的には、このレンズを三脚に装着して絞りをF8に設定し、レンズ分解のクローズアップ写真を撮るのに使っています。野外でのマクロ撮影には、練習、三脚、そしておそらく最高の結果を得るためには人工照明も必要です。

 

 

 

以上、Yuko Steelによるレビューでした。

Pergear 60mm F2.8 マクロレンズは24,000円で発売中です。

コメントを残す

✨✨✨【送料無料+2年保証】

すべてのご注文は送料無料で、更に関税フリーです!

✨✨✨ ブラックフライデーにすべての製品は10%オフ

割引コード:2021ブラックフライデー

有効期間:11月25日-11月27日